上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.11 クラン解散
Vantがチートを使用した件を受けClanHifanaは解散いたしました。

使用している動画ではHifanaではなかったですが(撮影者からHifanaを抜けている状態だったと連絡をもらっています)、彼のブログにはHifanaに所属していた段階でチートの所持はしていたとあります。

すべて私の指導、管理が行き届いていなかったことに責任があります。

対戦相手の皆様には大変ご迷惑をおかけしたと思っております。

大変申し訳ありませんでした。 

また彼を助っ人に呼んでくださったClanの方、Hifanaに助っ人に来てくれた方にもご迷惑をおかけしてしまいました。

申し訳ありません。

クラン戦をやってくれたすべてのクランの皆様・Hifanaを応援してくださった方・助っ人に来てくれた方・くそな運営の大会に参加してくれたクランの方 本当に申し訳ありませんでした。

以上の責任の一切は私にありクランを解散させました。

Hifanaは解散いたしましたが、一緒にやっていきたいという面子で再度集まっております。

Hifanaとは一切関係ありません。 この件でご意見等がある方は、DJ"SaToにお願いします





VantがHifanaを首になった理由や今後の私自身の活動について

味方に対しての言動があまりにもひどかったためです。
以前から問題になっていましたし、そのことでクランを脱退する人も多かったです。

じゃあもっと前にやめさせればいいじゃん。と言われてしまえばそうなんですが。

私の考えは、多くのプレイヤーの中から縁があってせっかく一緒のクランになったのだから、駄目なところは直して、みんな一緒に楽しくやっていきたいということです。

しかし、脱退直前のクラン戦でクラメンと問題を起こし(チートとは関係ありません)以前から何度も注意していた事なので私もきつく言いましたが、彼はみんなの前で私にスタイルを変えないと言いました。

この事で彼をクランに在籍させては置けないと判断し首にしました。
以上のことが彼を脱退させた理由です。


Vantはクランを首になれば自分には行くところがないし 引退するしかないと前から言っていました。

それでも首にしました。

彼の言葉を信じるなら、CWや通常のプレイ等で使用しては無いとありますが、彼が使用するきっかけは私が彼を追い込んでしまった事ににあると思います。

普段から忌み嫌ってる升の使用をしてしまうぐらい追い込んでしまったのだと今更ながら後悔をしております。




ゾンビサバイバルで頂点を掴んだクランだし、クランの名を冠した大会もすることも出来ました。

皆さんと知り合えたのもHifanaというクランがあったおかげだと思ってます。

このクランがあって みんながいて、 本当に楽しかったです。

40歳近くの方にHifanaのファンですって言われたときは本当にうれしかった。

憧れのClanはHifanaですって言ってくれた人もいた。

嫌われることも多かったけどその分Hifanaを応援してくれる人も多かったです。

このクランだから続けてこれたと思ってます。


今までのCSOの活動において、Hifanaは私のすべてでした。

そんなクランがなくなったわけで、正直今はあまりCSOをする気にあまりなれません。

当分は助っ人や遊び・もとクラメンに呼ばれたらINする形になると思います。

このブログについては自分の活動記録を書く場にしたいと思います。

応援してくださった皆様にはお礼を言いたいです。

ありがとうございました。

DJ"SaTo(sattunn)



クラメンへ

Hifanaは解散したけど、離れてった人たちも戻って活動してるみたいです。

Hさん 上石 みっきー、アンカーさん アマイ くろすあ ぺいる べる 秋田 ばしす君 ひかちゅう りんごさん あくあ らんちゃん ストゥーシー ぬまー 真昼 ブレイブ へんすりー れげー しきくん きるゆー かずにー なちゅん ボルテド

ごめんな 
こんな形で心残りだけど 
みんなとバカやって 年関係なく対等な関係で遊んでこれたのはみんなのおかげです。 
本当に楽しかった!

入ったばかりの人・入る予定だった人には本当に申し訳ないです。

にんじゃ あしゅれい ダーブラ きらちゃん Ponちゃん ちびくろ 初期面子のみんながいてくれてここまでこれました。
ありがとう。

Secret

TrackBackURL
→http://csohifana.blog.fc2.com/tb.php/72-59ae2e48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
​ ​